長崎のインテリアのお店 ファブリックス④

2019/12/31 インテリア

長崎のインテリアとパワーストーンのお店iROiROです。

ファブリックス(インテリアに使用する生地の総称)について四回目となります今回はカーテンの機能的な加工と処理についてお話致します。

今までにもまして堅い話となりますが、ただ美しいだけではないファブリックスの優れた機能について少しでもご理解頂けたらと思います。

まずほぼ全てのカーテンに施されている加工が「樹脂加工」風合いを良くし、シワや縮みを少なくする為の加工です。

「防炎加工」は消防法施行規則によって防炎認定の必要な場所に取り付けるカーテンの施す加工。燃えにくい(難燃)素材を使うか、防炎剤による後加工を行います。

「防汚加工」汚れを拭き取りやすくし、付着した汚れが洗濯で落ちやすくする。防汚加工にはSG加工=汚れにくい加工と、SR加工=汚れが落ちやすい加工が4あります。

「消臭加工」はペットやタバコなどの生活臭を消臭する加工。光触媒や酸化触媒により臭いを無害な物質に分解する。洗濯をしてもその効果は変わりません。

「制菌加工」抗菌剤を繊維内部へ固着させる加工で病院等で使用されます。

ご自宅のカーテンにもこのようなマークがついているかもしれません。

各種加工が施され機能が付加されたカーテンにはマークが表示されます。

オーダーカーテンをお求めの際にはそれぞれの生地にマークが表示されていますので、取り付ける場所によって必要な加工の生地を選別する必要が出てきます。カーテンの機能加工について悩まれた時iROiROを思い出して下さい。

iROiROのオーダーカーテンはお客様お一人お一人のご希望を伺いながら生活に寄り添ったオンリーワン!のカーテンをご提案致します。

「インテリアのiROiRO」2020年はインテリアイメージについてのお話からスタート致します。来年もiROiROをよろしくお願い致します。